英才教育について考えたこと
Topics
英才教育について考えたこと

英才教育について考えたこと

子育てはしっかりとしないといけないと思いますが、英才教育とはどういう形で行うのがよいのかなと思います。一番大切なことは本人の資質を見抜いてそれを伸ばすように教育するのが一番よいと思います。今某テニスプレイヤーが注目を浴びています。いずれグランドスラムで優勝することになると思いますが、某テニスプレイヤーのような結果を残すことができるような教育の仕方がよい教育方法なのかなと思います。それは誰にでもあてはまることではなく、某テニスプレイヤーにはぴったりとそれが当てはまったということだと感じています。そういった道筋を作ったのが親だと思います。父親がいろいろ進路を調べたそうで、早くから世界に出させることを考えていたそうです。結果がでなかったら中学卒用でもかまわないと考えていたそうで、リスクのことも考えていたのだなと感じました。アメリカに留学させたことが一番大きなターニングポイントなのかもしれません。

もちろん重圧の中結果を出した本人が一番偉いと思いますが、思いきってアメリカに行く道筋を作った父親はすごいと思います。本人が好きなことをどうやって道筋を作って伸ばしていくか、こういったことをしっかりと考えて実際に歩ませてやるということが一番大切な教育につながるのではないかと感じました。

話題になっている教育関連のハナシは、このWEBサイトを一度覗いて下さい